nowhere man
プロフィール

ロドみ

Author:ロドみ
Web漫画家。男。関西在住。週刊少年ワロスさんや新都社さんで漫画を掲載。2010年4月、宙出版さんのネクストコミック大賞を受賞した事により商業誌デビュー。酒好きです。

何かありましたら記事のコメント欄にでも書いておくれやす。


ロドみの漫画(←リンク)



最近の記事



最近のコメント



最近のトラックバック



月別アーカイブ



カテゴリー



ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる



ブログ内検索



RSSフィード



リンク

このブログをリンクに追加する



スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ギャラクシー銀座完結
g1

ちょっと遅れてスピリッツを購入、ギャラクシー銀座が完結しとったのです。
このギャラクシー銀座、鬼才・長尾謙一郎の描くとんでもない漫画だったんですけど、
よくぞ商業誌に載ったものだと、よくぞ4巻(2月発売とのこと)まで続いたものだと、
感心せずにはいられないのです。というのも、内容がやばすぎますので。

ギャグ漫画の域を超えて、ホラーやら哲学やらいろいろ混ざって凄い境地に入ってるんですよ。
本気で作者のやばさが滲み出ている。一番やばいと感じたのが37話。
狂気の沙汰でして、ラストの、ピアノから血が噴き出すシーンとか鳥肌立ちましたもの。

そして、ちょくちょく出てくるセリフが何気に格好良い。
「バラードのように眠れ」なんて言葉、ふつう漫画に載せれないよ。
やや、元ネタはあるみたいですが。

で、今回のラスト、これまた本気で意味がわからない。ただただ、凄みだけが伝わってくる。
後半の見開きのページで少し震えました。顔の見えない誰かと握手するシーンで
ぽつりと置いてある言葉「ギャラクシー銀座」。な、なんぞこれ。
最後まで読者置いてけぼりで、突き進んで行きましたよ長尾先生。

物凄く好みが別れる漫画だと思うんですけど、もし、商業誌に飽きて
インパクトのある漫画が読みたい方、是非手に取ってみてください。

小学館の編集部が言っていた通り、「考えるのではなく感じる」漫画です。
スポンサーサイト


この記事に対するコメント
管理人のみ閲覧できます
このコメントは管理人のみ閲覧できます
【2009/01/22 22:37】 | # [ 編集]


なぜ管理人のみにしたwwwww
【2009/01/24 23:26】 URL | ロドみ #- [ 編集]


この記事に対するコメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


この記事に対するトラックバック
トラックバックURL
→http://mysmys.blog118.fc2.com/tb.php/221-8dec9a8b
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。