nowhere man
プロフィール

ロドみ

Author:ロドみ
Web漫画家。男。関西在住。週刊少年ワロスさんや新都社さんで漫画を掲載。2010年4月、宙出版さんのネクストコミック大賞を受賞した事により商業誌デビュー。酒好きです。

何かありましたら記事のコメント欄にでも書いておくれやす。


ロドみの漫画(←リンク)



最近の記事



最近のコメント



最近のトラックバック



月別アーカイブ



カテゴリー



ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる



ブログ内検索



RSSフィード



リンク

このブログをリンクに追加する



スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

20080520ハヤシライス作りながら考え事
20080520絵日記


昨日、本屋で突撃パッパラ隊の続編である逆襲パッパラ隊を見かけた。
(小学校のときはガンガンを欠かさず読んでたのでくいつく)

表紙を見た印象では、前作、突撃パッパラ隊の時より萌え絵としての要素が強く
なってて、「ああ、そうなってしまうのか」と小さく溜息をついた。
当然、表紙絵を見ただけなんで、内容はわからないし、面白くなってるかもしれない。
むしろWeb上での評判を見る限りは前より面白いとのこと。

家に帰ってから竹光侍を読んだ。面白い。松本大洋が持つ独特な雰囲気、
斬新でどこか哀愁ただよう描写・・・凄く良い。おかずにしたら、ごはん3飯はいける。

ここでちょっと考えこむ。

研ぎ澄まされた日本刀のように、どんどん切れ味が増していく漫画家と、
全体のまとまりが良くなり、どんどん丸みを帯びていく漫画家がいる。
後者が圧倒的に多いだろう。キャッチーな漫画の方が需要があるだろうし、
プロの漫画家さんは生活がかかっているもの、仕方ないだろう。でも、個人的には
前者のように切れ味を増していく漫画家が好きだ。

自分の場合はどうだろう?初期の漫画に比べると、若干まとまりは良くなっているけど
この道は丸みを帯びていく方の道ではないだろうか。
「まとまりが良いこと」それ自体は決して悪いことではないが、追及しすぎると「個」がなくなり
面白みが無くなってしまう。

以前、絵がマシになったという日記を描いたところ、下のようなコメントを頂いた

「練習やらなきゃ伸びないけど、やってりゃ伸びるってわけでもないので気をつけて。」

改めて考えると、非常に参考になる忠告だ。「練習すればする程、見やすい絵、受け入れられやすい
絵にはなるだろうけど、ありきたりな絵にならないよう気をつけて」、と捉えれる。
こちらは「絵」に関してだけど、漫画全体にも言えることだろう。

そうなると、「研ぎ澄まされた日本刀のように、どんどん切れ味が増していく漫画家」になる
ためにはどうするか。一つは漫画を見て練習しないことではないだろうか(漫画を「読み」はする)

絵の練習をするなら実物で、インスピレーションを受けるなら映画や小説や実体験で。
こうすることで、「絵」は個人としての磨きがかかり、ストーリーや描写は誰かの作品に
似ることを防げるのではないだろうか。


さて、ここまで描いて気付いたが、この話は実力のある人気漫画家さんが言えば説得力があるが、
ほそぼそと素股をテーマにした漫画を描いてるような人が言っても説得力の欠片もないじゃないか。

ハヤシライス作りながら考え事
スポンサーサイト


この記事に対するコメント

練習は大切ですが
自分に必要が無いものを練習してもそれは身につかないし
時間の無駄というわけです。
先生がたとえば全然書く気も無いのに
萌え絵を参考に絵を練習してもそれは何も身につきませんよね。
自分の絵をどういう形で伸ばしていくのか目標を明確に
持って練習すればいいんじゃないかと私は思います^^
【2008/05/21 02:05】 URL | さむ #- [ 編集]


なるほど、目標ですか。これは良いことを聞きました。
今まで、特に狙いもなくうだうだと練習してたんですけど
方向性を明確にするのは重要ですね。
はてさて、自分の目標って何だろう。
これまで、特に目標を設定せずにひたすら小倉智昭を描たりとかしてたんですけど
これこそ本当に無意味かもしれない・・・小倉さんを描けるようになった所で
何になるってんだよ俺。
良いヒントを貰いました。SAMU先生とは一度じっくり漫画について語ってみたいものです、
これホントに。
【2008/05/22 05:09】 URL | ロドみ #- [ 編集]


何事も模倣から入ると上手くいくと思います
好きな漫画家がいればドンドンパクって、個性はそっから出したって遅くない気がします
手塚治虫先生とか鳥山明先生は別格として、他大半の漫画家さん達の初期作品は
ほとんど他のものと似た絵柄でしょう、多分
最初から強烈な個性を放てたらもう天才です
漫画だけを見て描いたらそれは底の浅い煎じにしかならないですが、
かといって漫画を見なければ漫画は描けないと思います
ようするに自分はアマチュア・素人のうちにプロをパクるのはいい事だと思っています
バンドだって最初は曲を聴いてカバーすることから入りますしね

すいません、絵の事にマジレスするのが好きなんです
【2008/05/23 00:20】 URL | bon #WVb5vgCk [ 編集]


もしや、BATTLE RUNのぼんぼん先生!?おおお、凄い人が。
避難所を見て10代ということに驚き、凹みました、なんで最近の子はこんなに絵が上手いんだ。
人違いでしたらご容赦を。

模倣ですか、たしかピカソもデッサンをじっくり学んだ後、あんなぶっ飛んだ絵を
描くようになったとか聞きますしね。
模写の重要性は凄く感じるんですけど、行きすぎるとマズイかなとも思ったり。
こう、その人の影響をもろに受け過ぎてしまう点が気になって。
実際の話、藤子F富士夫先生が、ときわ荘時代に手塚先生の絵をひたすら模写しまくって
いたけど、ある時「これじゃいつまで経っても手塚先生を追い越せない」と気付いて、
パタリと辞めたそうですし。
要はバランスなんでしょうね。模写のし過ぎも、しなさ過ぎも良くないと。
そして、自分は模写の経験が浅すぎるので、屁理屈をこねずに模写せねば・・・
日記にも描いたけど、やっぱり自分がどうこう言っても説得力ないなあ。

書き込みありがとうございます。人の意見はやっぱり参考になるなあ。

【2008/05/23 03:27】 URL | ロドみ #- [ 編集]


この記事に対するコメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


この記事に対するトラックバック
トラックバックURL
→http://mysmys.blog118.fc2.com/tb.php/85-de07ba03
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。